皆さんのためになることを情報発信していきます。

たもナビ

睡眠

どんな運動が睡眠によい?効果的な時間帯とは!?

投稿日:2018年7月4日 更新日:

運動をすると気持ちよく 夜に寝られたりしませんか? 今回は,どの運動が睡眠を改善させる効果があるのか? 運動には睡眠に効果的な時間があるのかを紹介します。

スポンサーリンク


運動と睡眠の関係性とは?

運動には、睡眠を促す効果があり、

逆に睡眠をとることで成長ホルモンを分泌させ、

疲労回復筋力増強といった効果があります。

運動と睡眠のバランスをうまくとることで

健康な身体を手に入れることができそうです。

スポンサーリンク


どんな運動が睡眠によい?

以下の運動についての睡眠効果をお伝えします。

・ウォーキング
・ランニング
・筋トレ

ウォーキング

有酸素運動なので自律神経の働きが改善されます。

寝つきがスムーズになり、

睡眠の質が上がることもあります。

ウォーキングは取り組みやすい運動の

一つなので毎日の継続することで

睡眠に効果が期待できそうです。

継続のしやすさでは一番おすすめです。

ランニング

ランニングもウォーキング同様、

有酸素運動なので自律神経の働きが改善されます。

寝つきがスムーズになり、睡眠の質が上がることもあるようです。

筋トレ

筋トレは、ウォーキングとは異なり

有酸素運動ではなく、無酸素運動となります。

無酸素運動は、睡眠の量は増やさないが

睡眠の質を高めるとされているので、

睡眠の質を高め逮捕とにおすすめです。

スポンサーリンク


効果的な時間帯とは!?

早朝、昼、夜別に効果を見ていきたいと思います。

早朝 

早朝から運動をすると体内リズムを整えることが

できるので睡眠をとるときに一番入眠ができるでしょう。

ただ、早朝は起きるのが辛かったり

継続が難しかったりします。

早起きという人は、早朝に運動するのがおすすめです。

昼頃

昼間の運動は早朝同様、

体内リズムを整えることができるので

睡眠の効果としてはあります。

昼間であれば、激しい筋トレなどの無酸素運動をしたとしても

悪影響がないので激しい運動をするのであれば昼間がおすすめです。

スポンサーリンク


夜に関してはあまりおすすめできません。

運動は睡眠に良い影響があるとされていますが、

夜に激しい運動をしてしまうと、

ドーパミンセロトニンといった覚醒ホルモンが分泌します。

その影響で逆に眠くなくなってしまうので、

睡眠3時間前は運動を控えたほうがよいでしょう。

運動するのであれば、

ウォーキングなど軽い運動にして

交感神経を高めるような行動は控えましょう。

スポンサーリンク


まとめ

運動は適度に継続的に行うことで 睡眠には好影響がありそうです。 おすすめとしては、継続性からウォーキングで 一番効果を待できそうです。 効果的な時間としては夜以外で あれば睡眠に効果がありそうです。 健康のために、朝起きたらウォーキングの 生活習慣を始めてみてはいかがでしょうか? 今回は『どんな運動が睡眠によい?効果的な時間帯とは!?』 についてご紹介させていただきました。

スポンサーリンク


-睡眠

Copyright© たもナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.